ジムニーのグレードによる違いを徹底比較!各グレードの価格は?

グレード

ジムニーにはXG、XL、XCの3つのグレードがラインナップされています。

どのグレードもエンジンや性能、サイズなどの基本的なことは同じなのですが、グレードが違うと見た目や装備などが少しづつ違ってきます。

そこで今回の記事では、ジムニーのXG、XL、XCの3つのグレードのどこが違うのかについてまとめました。

どのグレードのジムニーにしようか迷っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

ジムニー グレード 違い

ジムニーの3つのグレード、XG、XL、XCの違いによって、ボディカラーを選べる色数の違い、ホイールのデザインやドアミラーの色、ウインカーがドアミラーに付いているかいないか、ドアハンドルなどの違い以外にも、安全装備や快適装備、インストルメントパネル、インテリア、シート、収納スペースなど多岐にわたって違いがあります。

運転するだけならどのグレードでもよいと思うのですが、運転するにあたって何を大切にするかで選ぶグレードも変わってくるはずです。

では、どこがどのように違うのか、具体的に見ていきましょう。

ジムニー グレード 比較

ジムニーのグレードの装備をボディカラー、ホイール、安全装置、快適装備、インストルメントパネル、インテリア別に画像入りで比較しました。

しっかり目で見て確認してくださいね!

ジムニー グレード別ボディカラー比較

XG XL XC

XGは、ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)、ジャングルグリーン(ZZC)、シルキーシルバーメタリック(Z2S)、ホワイト(26U)全4色の中から好きなボディカラーを選べます。

XLは、キネティックイエロー(ZZB)、シフォンアイボリーメタリック(ZVG)、ブリスクブルーメタリック(ZWY)、ミディアムグレー(ZVL)、ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)、ジャングルグリーン(ZZC)、シルキーシルバーメタリック(Z2S)、ホワイト(26U)全8色の中から好きなボディカラーを選べます。

XCは、キネティックイエロー ブラック2トーンルーフ(DG5)、シフォンアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ(2BW)、ブリスクブルーメタリック ブラック2トーンルーフ(CZW)、キネティックイエロー ブラックトップ2トーン(DHG)、キネティックイエロー(ZZB)、シフォンアイボリーメタリック(ZVG)、ブリスクブルーメタリック(ZWY)、ミディアムグレー(ZVL)、ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)、ジャングルグリーン(ZZC)、シルキーシルバーメタリック(Z2S)、ピュアホワイトパール(ZVR)、ホワイト(26U)全12色の中から好きなボディカラーを選べます。

人気のあるシフォンアイボリーメタリック(ZVG)のようなXGで選べないボディカラーにしたい時には、シフォンアイボリーメタリック(ZVG)のボディカラーを選べるXLかXCのグレードにあります。

また、ツートンカラーのボディカラーにしたい場合には、XCグレードにツートンカラーはあります。

グレードによって選べる色は決まっています。

どうしてもこのボディカラーのジムニーに乗りたい!という色があるのなら、やはりその色を選べるグレードを選ばなければなりませんね。

ジムニーとシエラのボディカラーについてはこちらのページでまとめているので、併せてご覧ください。

新型ジムニーとシエラのカラーバリエーション!おしゃれなカラーリングは何?劣化しやすい色は?
車を購入する時の重要な決め手のひとつは、やっぱり車のボディカラーではないでしょうか。 好きなボディカラーのジムニーなら運転してても気分が上がるはずです! どんなボディカラーのジムニーに乗ってソロキャンに出かけようかなんていろいろ...

ジムニー グレード別フロント比較

次に、ジムニーを前から見た姿を比較してみますね。

XGグレードを基本系のジムニーだとすると、XC、XLグレードには フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ が付いてます。

また、XCグレードのみ マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ が付いていて、ヘッドランプウォッシャーやオートライトシステム、ライト自動消灯システムもXCグレードのみの機能です。

XG XL XC
マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ
[マニュアルレベリング機構付]
LEDヘッドランプ
[ハイ/ロービーム、オートレべリング機構、LEDポジションランプ付]
ヘッドランプウォッシャー
オートライトシステム
ライト自動消灯システム
フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ

スズキ ジムニー公式サイトより引用

ジムニー グレード別ホイール比較

ホイールのグレード別の違いは、最上位グレードのXCのみが16インチアルミホイールで、XL、XGのグレードは16インチスチールホイールになっていること。

また、ホイール自体のデザインも違っています。

ホイールをみればXCとわかるので、最上位グレードに乗っていることをアピールしたい人は、XCを選ぶといいかもしれませんね。

XG XL XC

スズキ ジムニー公式サイトより引用

ジムニー グレード別ドアハンドル比較

XGグレードは黒いドアハンドル。XLとXCグレードはカラードドアハンドルになっています。

XG XL XC

スズキ ジムニー公式サイトより引用

ジムニー グレード別ドアミラー比較

ドアミラーは、XLとXCがカラードドアミラーになっていて、XCだけにドアミラーにウインカーも付いています。

XG XL XC

スズキ ジムニー公式サイトより引用

ジムニー グレード別スモークガラス(リヤクォーター、バックドア)比較

画像を見てわかるように、XLとXCはリヤクォーターとバックドアがスモークガラスになっています。

車の中が丸見えなのはイヤ!という人には、自分でスモークを張るよりは最初からスモークガラスになっていたほうが、いいと思います!

XG XL XC

スズキ ジムニー公式サイトより引用

ジムニー グレード別安全装置比較

ジムニー全てのグレードに備わっている安全装置は下記のとおり。

  • 軽量衝撃吸収ボディー TECT〈テクト〉
  • 歩行者傷害軽減ボディー
  • 頭部衝撃軽減構造インテリア
  • 運転席・助手席SRSエアバッグ
  • SRSカーテンエアバッグ
  • フロントシートSRSサイドエアバッグ
  • エマージェンシーストップシグナル
  • ESP(R)
  • ヒルホールドコントロール
  • ヒルディセントコントロール
  • ブレーキLSDトラクションコントロール(4WD-L)
  • 4輪ABS[EBD・ブレーキアシスト付]
  • サイドアンダーミラー
  • フロントディスクブレーキ

逆にグレードによって装備されている安全装置が違うものは、下記のとおりです。

XG XL XC
助手席シートベルト警告灯
助手席シートベルトリマインダー
後席シートベルト警告灯(2名分)
後席シートベルトリマインダー(2名分)
デュアルセンサーブレーキサポート
誤発進抑制機能
(4AT車)
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
ハイビームアシスト
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
[車両進入禁止、はみ出し通行禁止、最高速度]
ヒーテッドドアミラー
エンジンクラッチスタートシステム
(5MT車)

(5MT車)

(5MT車)

スズキ ジムニー公式サイトより引用

スズキには事故そのものを未然に防ぐ予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」があります。

上の表の背景色が(薄黄色)の安全装置は、「スズキ セーフティ サポート」です。

「スズキ セーフティ サポート」というのは、デュアルセンサーブレーキサポート、誤発進抑制機能(4AT車)、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ハイビームアシスト、先行車発進お知らせ機能をまとめた総称のことです。

この「スズキ セーフティ サポート」はXCグレードに標準装備されていますが、XL、XGグレードには標準装備されていません。

ですが、「スズキ セーフティ サポート」が標準で装備されていないXL、XGグレードにもメーカーオプションで装備することはできるので、チェックしておいてくださいね。

ジムニー グレード 価格

ジムニーのグレード別の価格を表にまとめました。

どのグレードもマニュアル車よりもオートマ車の方が、99,000円高い価格設定です。

また、XL、XGグレードに「スズキ セーフティ サポート」を、メーカーオプションで装備した場合、42,900円加算されます。

XC XL XG
ジムニー
4WD・5MT
1,776,500円~1,842,500円 1,611,500円
(1,654,400円)
1,485,000円
(1,527,900円)
ジムニー
4WD・4AT
1,875,500円~1,941,500円 1,710,500円
(1,753,400円)
1,584,000円
(1,626,900円)

()内は、「スズキ セーフティ サポート」を装備した場合の価格です。

まとめ

今回の記事では、ジムニーのXG、XL、XCの3つのグレードのどこが違うのかについてまとめました。

ジムニーはどのグレードもエンジンや性能、サイズなどの基本的なことは同じです。

ですが、グレードによってボディカラーを選べる色数の違い、ホイールのデザインやドアミラーの色、ウインカーがドアミラーに付いているかいないか、ドアハンドルなどの違い以外にも、安全装備や快適装備、インストルメントパネル、インテリア、シート、収納スペースなど多岐にわたって違いがあります。

また、ジムニーの価格は、マニュアル車を選ぶかオートマ車を選ぶかでも値段が変わります。

さらに、「スズキ セーフティ サポート」が標準装備されているXCグレード以外のXL、XGグレードにも、メーカーオプションとして装備することで価格も変わってきます。

決して安い買い物ではないので、自分のスタイルに合ったグレードをじっくり選んでみたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました