新型ジムニーとジムニーシエラを比較!サイズやグレード、燃費は?室内に違いはある?

比較

最近、運転中に「ジムニーとすれ違うことが多いな」と感じていました。

それもそのはず、2018年7月5日発売された新型ジムニーとジムニーシエラが納車まで1年待ちというくらい、今、大人気なんだそうです。

この新型ジムニーとジムニーシエラはアウトドア感たっぷりで、ソロキャンするのにピッタリの車だと思いませんか?

そこで今回の記事では、ソロキャンに乗っていきたい新型ジムニーとジムニーシエラのサイズやグレード、室内の違い、燃費などについて簡単にまとめました。

ジムニーとシエラのどちらを選んだらいいの迷っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

ジムニーシエラ 違い

ジムニーとシエラの違いですが、見た目にはほとんど変わりはありません。

見た目の違いといえば、ワイドフェンダーと大型化した前後バンパーを装着していないか、装着しているだけの違いだけです。

ちなみに、下の画像の左側が「ジムニー」、右側が「シエラ」。

シエラは、タイヤの上の部分にジムニーのボディよりも横に広がっている部分、この部分をワイドフェンダーというのですが、その分だけ車幅が広くなっているんです。



画像引用:ジムニー公式ホームページ

サイズ
ジムニーとシエラの全幅、全長、全高サイズは、下記のとおり。

ジムニーの全幅は軽自動車規格いっぱいの1475mmで、シエラはオーバーフェンダーを装着している分幅が広く全幅は1645mm。

ジムニーの全長は軽自動車規格の上限となる3395mm。シエラの全長は3550mmと、車体の前後に付いているバンパーが大きい分ジムニーより155mmも長いです。

ジムニーの全高は1,725㎜、シエラは全高1,730㎜と、シエラの方が5㎝ほど高いです。

このように、車体の外寸はシエラの方がジムニーよりも全体的に一回り大きくなっています。

ちなみに、ナンバープレートの色は、ジムニーは軽自動車なので黄色で、シエラは普通車なので白。

黄色いナンバープレートがイヤな人は、シエラを選んだほうがいいですね。

エンジン
ジムニーとシエラはボディサイズや外装だけでなくエンジンも違います。

エンジンについては、軽自動車のジムニーにはスズキを代表するR06A型エンジンが搭載されていて、普通車のシエラにはコンパクトかつ燃費性能にも優れた新開発のK15B型エンジンが搭載されています。

ジムニーのR06A型エンジンは、スズキの全ての軽自動車に搭載されているエンジンで、低速トルクで乗りやすいエンジンのこと。

このR06A型エンジンは、昨今の環境性能や燃費性能にマッチしたエンジンといわれています。

一方シエラにはK15B型エンジンが搭載されています。

このK15B型エンジンは、1.5リッターの排気量で高い出力とトルクを発揮し、オフロードはもちろん、オンロードでも力強くゆとりある走りを楽しめるエンジンになっています。

自動車税
一般的に普通自動車と軽自動車では自動車税が違うということは、ご存知のことだと思います。

ジムニーは軽自動車でシエラは普通自動車。

自動車税については軽自動車のジムニーは年間1万800円、普通車のシエラは3万500円です。

ちなみに、普通自動車の自動車税は購入した月によって月割りで課税・還付されますが、軽自動車税にはそのような制度はありません。

軽自動車税は、4月1日時点の所有者に対して、その年度1年分の課税されるので、4月1日以降にジムニーを購入すれば、その年の税金は支払う必要がない、ということになります。

4月1日以降にジムニーを購入すれば、約一年分だけではありますが自動車税がお得になるので「ジムニーを選ぶ」という選択肢もありますね!

高速料金
軽自動車と普通自動車では高速料金も違っていて、軽自動車であるジムニーの方がお得です。

高速道路料金NEXCO三社(NEXCO東日本、中日本、西日本)、首都高速の料金設定では、軽自動車は普通車よりも低く設定されています。

今後、軽自動車の高速料金が見直されて普通自動車と同じ料金になる可能性もありますが、現時点では軽自動車のジムニーの方が高速料金がお得、ということですね。

ジムニー ジムニーシエラ 室内 違い

スペースユーティリティや装備は、ジムニーエントリーモデルのXGを除いてほとんど差がなく、ジムニーでもシエラでもグレードによって違いはありますが、室内のインテリアにほとんど違いはありません。

室内の内装に関しては、ジムニーとシエラはまったくの互角のようです。

ジムニー 燃費

ジムニーの燃費どのくらいなのか気になりますよね。

そこで、スズキが公式発表しているカタログ燃費ではありますが、ジムニーとシエラのマニュアルとオートマ別にまとめました。

5MT(マニュアル)

ジムニー シエラ
燃料消費率※1
(国土交通省審査値)WLTCモード※2
16.2km/L 15.0km/L
市街地モード※2 14.4km/L 13.0km/L
郊外モード※2 17.3km/L 15.7km/L
高速道路モード※2 16.4km/L 15.6km/L

4AT(オートマ)

ジムニー シエラ
燃料消費率※1
(国土交通省審査値)WLTCモード※2
13.2km/L 13.6km/L
市街地モード※2 11.0km/L 11.1km/L
郊外モード※2 13.8km/L 14.5km/L
高速道路モード※2 14.0km/L 14.4km/L
  • ※1 燃料消費率は定められた試験条件での値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
  • ※2 WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。
    市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定。
    郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定。
    高速道路モード:高速道路等での走行を想定。

JIMNY/SIERRAR 公式ホームページより引用

この表で比べる限り、シエラの方がジムニーよりも燃費が良く、オートマよりもマニュアルのほうが燃費がいいようですね。

燃費の良さで選ぶならシエラのオートマ、ということでしょうか。

ジムニー グレード比較

ジムニーのグレードは、オートマ・マニュアルともに、価格の安い順に「XG」「XL」「XC」という3グレードに分かれています。

グレード別の違いを、カラー、内装、スズキ独自の予防安全技術「スズキセーフティサポート」の有無で比較してみました。

まとめ

今回の記事では、新型ジムニーとジムニーシエラのサイズを比較したり、グレードや室内の違い、燃費などについてもまとめました。

ジムニーのサイズは軽自動車規格いっぱいの1475mm×3395mmで、シエラはオーバーフェンダーを装着しているので、サイズはジムニーよりも少し大きい1645mm×3550mmです。

また、軽自動車のジムニーにはスズキを代表するR06A型エンジンが搭載されていて、普通車のシエラにはコンパクトかつ燃費性能にも優れた新開発のK15B型エンジンが搭載されているそうです。

ジムニーとシエラのどちらがソロキャンに向いているのかまだわかりませんが、もっと調べてみたいと思うようになりました。

タイトルとURLをコピーしました